吸盤付きミラー Qiilu 車用 ベビーミラー 最旬ダウン 後ろ向きチャイルドシート 鏡 角度 方向調節可能 cm 大人気新作 ブラック 11 14.7 x 吸盤amp;クリップ付 5.5

吸盤付きミラー、Qiilu 車用 ベビーミラー  後ろ向きチャイルドシート 鏡 角度・方向調節可能 吸盤amp;クリップ付 ブラック 11 x 14.7 x 5.5 cm

車用,x,後ろ向きチャイルドシート,吸盤付きミラー、Qiilu,ベビーミラー ,5.5,14.7,/dactylist602068.html,eiwa-kennel.com,x,鏡 角度・方向調節可能 吸盤amp;クリップ付 ブラック 11,839円,cm,ベビー&マタニティ , チャイルドシート , カーアクセサリ 車用,x,後ろ向きチャイルドシート,吸盤付きミラー、Qiilu,ベビーミラー ,5.5,14.7,/dactylist602068.html,eiwa-kennel.com,x,鏡 角度・方向調節可能 吸盤amp;クリップ付 ブラック 11,839円,cm,ベビー&マタニティ , チャイルドシート , カーアクセサリ 吸盤付きミラー Qiilu 車用 ベビーミラー 後ろ向きチャイルドシート 鏡 角度 方向調節可能 cm 大人気新作 ブラック 11 14.7 x 吸盤amp;クリップ付 5.5 839円 吸盤付きミラー、Qiilu 車用 ベビーミラー  後ろ向きチャイルドシート 鏡 角度・方向調節可能 吸盤amp;クリップ付 ブラック 11 x 14.7 x 5.5 cm ベビー&マタニティ チャイルドシート カーアクセサリ 吸盤付きミラー Qiilu 車用 ベビーミラー 後ろ向きチャイルドシート 鏡 角度 方向調節可能 cm 大人気新作 ブラック 11 14.7 x 吸盤amp;クリップ付 5.5 839円 吸盤付きミラー、Qiilu 車用 ベビーミラー  後ろ向きチャイルドシート 鏡 角度・方向調節可能 吸盤amp;クリップ付 ブラック 11 x 14.7 x 5.5 cm ベビー&マタニティ チャイルドシート カーアクセサリ

839円

吸盤付きミラー、Qiilu 車用 ベビーミラー  後ろ向きチャイルドシート 鏡 角度・方向調節可能 吸盤amp;クリップ付 ブラック 11 x 14.7 x 5.5 cm

説明:
これは運転中に運転手が後部座席の赤ん坊を観察できるように設計された車のベビーミラーです。凸面鏡は、背面の赤ちゃんの拡大図を提供する。付属の吸盤ベースで、フロントガラスに取り付けることができます。それを家に持ち帰って、赤ちゃんに目を留めて、同時に注意深く運転することができます。

特徴:
運転中に頭を回すことなく、後ろ向きのカーシートにいるときに赤ちゃんを見るのを助けるように設計されています。
凸面鏡は赤ちゃんの視野を広げます。
360度の調節が可能で、好みの視野角を選択できます。
プレミアムアクリルレンズ製、耐久性と飛散防止、子供を傷つけることはありません。
小型でコンパクトで省スペースで、後方視界の妨げにならない。
取り付けが簡単で、中型の吸盤でしっかりとフロントガラスにフィットできます。

仕様:
材質:ABSアクリル
カラー:ブラック
サイズ:11 x 14.7 x 5.5 cm / 4.3 \"x 5.7\" x 2.2 \
サクションカップ直径:6.9cm / 2.7 \
パッケージ重量:約170g

パッケージは以下を含みます:
1×サクションカップ付ミラー

注意:
手作業による測定のため、1〜3cmの誤差があります。ご了承ください。


ブランド紹介

吸盤付きミラー、Qiilu 車用 ベビーミラー  後ろ向きチャイルドシート 鏡 角度・方向調節可能 吸盤amp;クリップ付 ブラック 11 x 14.7 x 5.5 cm

最近は純正採用もされつつあるデジタルルームミラー。スマートルームミラーとかインテリジェントルームミラーとか、呼び名は様々ですが、リアウインドウが小さいSUV車やリアウインドウが遠くにあるワンボックス車などで、確実な後方視界を得る手段として普及しつつあります。ところが、後方に設けたカメラの映像をルームミラーに映すという事は、ルームミラーに車内の様子が映らなくなるという事。“ルームミラー”という名前とムジュンしてしまいます。そこで、本製品。 単純に社内の状態だけを把握するための“ルームミラー”。凸面鏡なので、純正のルームミラーに映らない範囲までばっちり確認できます。なお、本製品は似たようなモノが様々な値段で売られていますが、どうやら同じモノのようです(721円の本製品と999円の他製品は同じモノでした)。 続きを読む
360度回転と書いてありまさしたが、上・下には動かないので、全然使えませんでした! 続きを読む

グループトピックス 中部電力グループの最新情報のご紹介

ページトップへ