小林工業 ラッキーウッド 日本製 ミルトア 見事な ディナー25PCセット 5-12525-200 ギフトラッピング仕様 新潟 グッドデザイン賞受賞 在庫一掃売り切りセール 燕三条製

小林工業 ラッキーウッド 日本製 ミルトア ディナー25PCセット グッドデザイン賞受賞 ギフトラッピング仕様 新潟 燕三条製 5-12525-200

9570円 小林工業 ラッキーウッド 日本製 ミルトア ディナー25PCセット グッドデザイン賞受賞 ギフトラッピング仕様 新潟 燕三条製 5-12525-200 ホーム&キッチン 食器・グラス・カトラリー 箸・カトラリー・ピック 小林工業 ラッキーウッド 日本製 ミルトア ディナー25PCセット 5-12525-200 ギフトラッピング仕様 新潟 グッドデザイン賞受賞 在庫一掃売り切りセール 燕三条製 9570円 小林工業 ラッキーウッド 日本製 ミルトア ディナー25PCセット グッドデザイン賞受賞 ギフトラッピング仕様 新潟 燕三条製 5-12525-200 ホーム&キッチン 食器・グラス・カトラリー 箸・カトラリー・ピック 燕三条製,5-12525-200,小林工業,ギフトラッピング仕様,9570円,ラッキーウッド,ホーム&キッチン , 食器・グラス・カトラリー , 箸・カトラリー・ピック,ミルトア,日本製,グッドデザイン賞受賞,eiwa-kennel.com,ディナー25PCセット,/flocculate576774.html,新潟 小林工業 ラッキーウッド 日本製 ミルトア ディナー25PCセット 5-12525-200 ギフトラッピング仕様 新潟 グッドデザイン賞受賞 在庫一掃売り切りセール 燕三条製 燕三条製,5-12525-200,小林工業,ギフトラッピング仕様,9570円,ラッキーウッド,ホーム&キッチン , 食器・グラス・カトラリー , 箸・カトラリー・ピック,ミルトア,日本製,グッドデザイン賞受賞,eiwa-kennel.com,ディナー25PCセット,/flocculate576774.html,新潟

9570円

小林工業 ラッキーウッド 日本製 ミルトア ディナー25PCセット グッドデザイン賞受賞 ギフトラッピング仕様 新潟 燕三条製 5-12525-200

●シャープでスタイリッシュなデザインでありながらもモダンな表情を合わせ持つカトラリーシリーズ。
シンプルな形状のハンドルは独特な光沢のある「ブラスト」仕上になっている。
レストランやカフェなどの空間にも適応する美しいフォルム。
●1868年(明治元年)創業の小林工業は、日本で最初にカトラリーの生産を開始した草分け。
当初から量産化と高品質なものづくりを目指し、機械化や新素材の活用など積極的に行ってきた。
戦後すぐにはステンレス鋼にいち早く着目。
数々の技術上の課題を克服し、ステンレスカトラリーの生産を軌道に乗せ確立したブランドが「LUCKYWOOD」。
その製品のシンプルな形や美しい仕上げ、使いやすさなどに超ロングセラーの重みが感じられる。
●2009 グッドデザイン賞受賞


メーカーによる説明

ブランドコンセプト

Brand ConceptBrand Concept

良いものをながく大切に

時をこえて変わることのない価値にだれもがあこがれ、そして求めます。

昔から金属器がつくられた理由もそのような確かなものを求める心にあります。

長く使い込んでますます愛着のわくもの、 ますます美しさがきわだってくるもの、

それが金属器の本質とラッキーウッドは考えています。

だからこそより良い素材をさがし求め、製法に強い情熱を傾けてきました。

1868年創業の歴史と伝統によって培われた クラフトマンシップ(職人気質)が

それを支えています。

金属器は簡単に買い替えたり、使い捨てにするものではありません。

良いものを吟味して選び、そしていつまでも大切にご愛用ください。

ラッキーウッドはつねに金属器の本質を見つめています。

ラッキーウッド製品独特の深みのある光沢と輝きは、

そこに込められた心を何よりも良くものがたっています。

変わることのない価値と 美しさを求めて

昭和初期の洋食器(銀メッキ)昭和初期の洋食器(銀メッキ)

↑ 昭和初期の洋食器(銀メッキ)

金物の街・新潟県燕市の工場で、 職人の手によって作られる

ラッキーウッドのカトラリー。

ながく使えて、美しい。

その確かな品質は、 1868年から続く歴史と伝統に培われたものです。

明治元年、鍛冶工房として創業。

矢立て・灰ならし矢立て・灰ならし

↑ 矢立て・灰ならし

日本におけるカトラリーのトップブランド「ラッキーウッド」は、

明治元年(1868)の創業、矢立てや灰ならしのような家庭用金物の鍛冶工房がその始まりです。

最初にカトラリーの生産を開始したのが大正4年(1915)。

当時は全工程手作業による生産でしたが、当社では積極的に機械化を図り、

他に先駆けて電力導入も行いました。

素材は真鍮を使ってニッケル鍍金で仕上げるというものでしたが、

当社においてはニッケル鍍金の欠点を改良して堅牢なクロム鍍金を開発し、

品質向上に成功しました。

その後素材も洋白(ニッケルと銅の合金)になり、仕上げに銀鍍金も

行うようになりました。

この量産化と高品質への意欲は今も変らないラッキーウッドの基本理念になっています。

戦後まもなく、 ラッキーウッドが誕生。

19471947

↑ 戦後まもなくの創業当時風景

第二次大戦後の昭和21年(1946)急ぎ工場を整備し、

軍需生産のため中断していたカトラリーの生産を再開します。

この時まだ一般的ではなかったステンレス鋼にいち早く着目し、

数々の技術上の困難な問題を克服してステンレスカトラリーの

生産を軌道に乗せ、業績の拡大を図りました。

翌昭和22年には法人組織に改組して小林工業株式会社を設立し、

同時に「ラッキーウッド」の商標を制定しました。

戦後はステンレス製品を中心に主に輸出において業績を上げ、

当時貴重な外貨を獲得して輸出貢献企業として国の表彰を受け、

また中小企業モデル工場の指定も受けました。

デザイン性を高め、 国産カトラリーの頂点へ。

1966-20181966-2018

↑ 1966年と2018年のデザイン

1966年

昭和30年代、業界を上げて輸出に沸く中で当社では早くからデザインと

広告の重要性を強く認識し、オリジナルデザインとメーカーブランドによる

責任と保証の方針を推し進めて来ました。

その結果数多くのグッドデザイン賞、ロングライフデザイン賞に輝き、

「ラッキーウッド」のブランドはその品質と共に国産カトラリーの頂点

として皆様に親しまれることになりました。

2018年

現代のライフスタイルに合うカトラリーを。

現在もステンレス製品、銀器製品など、幅広く技術を集め、

時代のライフスタイルの求めに応じたものづくりを心がけております。

小林工業 ラッキーウッド 日本製 ミルトア ディナー25PCセット グッドデザイン賞受賞 ギフトラッピング仕様 新潟 燕三条製 5-12525-200

ご希望の体育館・スポーツセンター・武道館情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP